色を変えることでテーマ性を持たせる

イルミネーションをやってみたは良いものの、買ってしまったイルミネーションを活用するために、一昨年も去年も今年も同じイルミネーションになっていませんか?近年イルミネーションを行なっている施設や地域では、「青の洞窟」や「冬の桜」など、統一感のある色味のイルミネーションでも、テーマを設けてることが多くなっています。下に並んだ写真は、実際に同じ場所で毎年違うイルミネーションを行なった物です。この施設のように、毎年色を変えると、流行のテーマに合わせてみたり、冬のフェアテーマに合わせてみたり、施設のテーマカラーに合わせてみたり…倉庫にイルミネーションを抱えることもない、レンタルのイルミネーションなら、7色から選べる色、組み合わせで毎年違うイルミネーションを行なうことが可能です。様々な色を組み合わせてカラフルにも、2色を組み合わせてバイカラーにも。服を毎シーズン変えるように、イルミネーションも変えてみませんか?

印刷用PDF

ダウンロード

多種多様な実績があり、ご予算や用途に合わせたご提案が可能

WaMall BUILDINGS

東進ハイスクール

深川ギャザリア

イルミネーションをご提案する理由

  • 光の演出による購買意欲促進
  • 施設の雰囲気の変化による賑わい感の演出
  • SNSでの拡散による認知度の上昇

ご依頼から納品までの流れ

企画から入稿までワンストップだからハイクオリティ&ローコストでできる!

メールマガジン

事例をもとにしたノウハウやお役立ち情報をお届けいたします。また、会員様限定の各種資料のダウンロードをご利用いただけます。

メールマガジンを申し込む

お問い合せ

電話によるお問い合せ

03-3542-6451

メールからのお問い合せ

関連記事