COLUMN

特別な演出にオリジナルオーナメント

クリスマスの定番、クリスマスツリーはさまざまなオーナメントをつけることで、より華やかに、より美しく、見る人々に感動をもたらすことができる仕上がりとなります。そんなオーナメントをオリジナルで作ることができるのはご存知でしょうか?オリジナルでオーナメントを作成すればクリスマスツリーだけでなく、時節に関わらず四季折々の季節装飾にも役立てることが可能です。特別感を演出したい時にオススメのオリジナルオーナメントをご紹介いたします。

オーナメント

ひと味違ったフォトスポットで差をつける

一昔前まではフォトスポットというと、穴から顔を出す顔出し型がメジャーでしたが、近年SNSやYouTubeなどによるソーシャルメディアでのコミュニケーションが定番となりお客様の欲求は少しずつ変わってきています。
絵柄だけではなくフォトスポットにワンポイントを加えるだけで、お客様に驚きと感動を与え、記憶と記録に残るフォトスポットとなります。

圧倒的な装飾感が欲しい時…!

ポスターを貼ってはいるけど、いまいち装飾感が出ない…
季節の変わった感じを出したいが、店内商品だけではいまいち伝わらない…
実はそんな時の装飾アイテムとして、フラッグがオススメなのです。
吊り下げるだけなのに、一気に館内がパッと華やぎます。

フラッグ

季節装飾はエントランスから

施設や店舗のエントランスに施すガラス面装飾は、ご来店いただいたお客様の目に一番最初に入る場所です。
ご来店いただいたお客様に季節を感じて貰い、季節商材の購買意欲を高めるにはうってつけのツールだと言えます。

実は、今も昔も階段は注目の媒体でした

階段とは、高低差のある場所への移動を行うための構造物です。人間の足で昇降可能な高さ(蹴上げ)をもつ、いくつもの水平な段(踏み面)に分割されています。
階段はルネサンス期までデザイン的にあまり重視されなかったが、16世紀以降,階段の空間演出上の効果が重視され、特に宮殿建築において、室内装飾の最も豪華な舞台となっていました。 そんな階段の現在の活用方を考えてみました。

階段

ますます加速するハロウィンブーム

近年ではハロウィンというイベントが、すっかりと定着し、クリスマスと並ぶ盛り上がりを見せるものとなりました。また同時に、現代ではSNSで発信することで情報を得る時代へと変化しつつあります。
その流れに乗っかり、最近では商業施設でも『SNS映え』を意識した装飾を求める声が多くなって来ています。

ハロウィン装飾

街と施設を繋げるハロウィン

ハロウィンは近年個人だけではなく、地域のイベントとして多く行われています。
例えば池袋のハロウィンコスプレフェスや六本木ヒルズのパレード、国内最大級のカワサキ ハロウィンなどは、街と施設の連動でイベントを行っています。
街と施設とそして人を繋げるハロウィンイベントは、温かみを感じる素敵なイベントだと思います。

ハロウィンイベント

お客様を運ぶインフォメーションボード

エレベーターを待つ時間の方の30秒を販促で有効活用しませんか?
エレベーターシートは、季節感を出せば催事の賑やかしを演出したり、セール告知にしようすれば、お客様への宣伝となり、施設からお客様への伝言板になったりと、販促活動のツールとして有効に活用いただけます。

エレベーターシート01

エスカレーターは広告スペースとして最適?!

エスカレーターとは、高低差のある場所への移動を行うための装置です。
昇降中なにげに目にする足元は、広告スペースとしてうってつけの場所。
基本的にエスカレーターを利用中は、なにもすることがなく、目線は前か下を見ている事が多いと思います。
そんなエスカレーターのデットスペースを、広告媒体として利用してみませんか?

エスカレーター

伝わりつながるチラシをデザイン

商品の展開や、イベントの案内など、様々な場面でチラシが活用されています。そのような数多くあるチラシの中でも、より効果的に収益につながるためのチラシを作るためには、そのデザインがとても重要となります。商品が売れるためのチラシをデザインするためには、人の目につきやすく、内容を読みたくなるようなデザインにすることが大切です。

毎年同じイルミネーションで飽きてませんか?

イルミネーションを購入したが、毎年同じイルミネーションを使い、代わり映えしない光景に物足りなかったり、飽きたりしていませんか?
レンタルイルミネーションなら、使っていない時期も倉庫にLEDを抱えず、毎年違う色のイルミネーションを行なうことが可能です。