施設をより身近に感じてもらう為に

thanksday-02

お客様感謝デーを開催するにあたって目指したいことは、お客様に感謝デーのイメージを日付けとともに覚えてもらうことではないでしょうか。 日常生活で、この日は感謝デーだと思って買い物に来てもらうことが理想のはずです。 そのため感謝デーを開催するにあたって、定期的な開催日決めとキャッチーとなるアイコンやネーミングといった感謝デーのブランド決めが大切になります。 開催日は「毎月〇日」と日付で決める場合、印象に残りやすく覚えてもらいやすいというメリットがありますが、開催する曜日が毎月バラバラになり、曜日によるイベントの参加率にばらつき が出やすい傾向があります。 一方で、月の一定の曜日に定めて開催する場合、集客の多いタイミングを狙うことができたり、イベントの開催をしやすくなるといったメリットがあります。 他にも、記憶に残りやすい感謝デーのネーミングや、親しみやすいアイコンがあるとより地域になじみやすい感謝デーとなるでしょう。 感謝デーの内容では、お買い物したお客様に割引を提供するといったこともありますが、その日にイベントを開催したり、次回使えるクーポンを配布するなど様々なキャンペーンを開催することができます。 施設の大きさや、お客様のご利用数に合わせて実施内容を決めると理想的なお客様感謝デーを開催できるのではないでしょうか。

thanksday-03

印刷用PDF

ダウンロード

多種多様な実績があり、ご予算や用途に合わせたご提案が可能

thanksday-04

企画

感謝デーの開催日程、イベント・キャンペーンの内容等、お客様のご希望にそった企画をご提案いたします。

thanksday-05

ロゴ・アイコン制作

お客様のご希望に添って、感謝デーの顔ともなるロゴ・アイコンのデザイン制作をいたします。

thanksday-06

キャンペーン・イベント運営

イベントやキャンペーンに必要なツール製作はもちろん、イベントの運営もサポートいたします。

お客様感謝デーをご提案する理由

  • 来店するキッカケ作り購買意欲促進
  • 施設の認知向上
  • セールスプロモーション

ご依頼から納品までの流れ

製作の流れ

企画から入稿までワンストップだからハイクオリティ&ローコストでできる!

メールマガジン

事例をもとにしたノウハウやお役立ち情報をお届けいたします。また、会員様限定の各種資料のダウンロードをご利用いただけます。

メールマガジンを申し込む

お問い合せ

電話によるお問い合せ

03-3542-6451

メールからのお問い合せ

関連記事