サマーイルミネーション

サマーイルミ-02

イルミネーション装飾は冬の季節に日本各地で行われています。光の演出を駆使したイルミネーションは見る人を魅了し、寂しい冬空の下、まばゆい光で心温まる空間を作り出します。 そんな冬の定番とも言えるイルミネーション装飾ですが、冬だけでなく季節を問わず活躍しているのをご存知でしょうか? 中でも暑い夏に涼しげな光の装飾を行うことが増えつつあります。ビアガーデンやお祭りなど提灯と合わせてイベントを盛り上げるための装飾としても活躍しています。夏のひまわりに合わせた空間作りや海を連想させるブルーを基調とした装飾、その他、何度でも楽しめる花火や室内でも光り輝く天の川銀河など、夏ならではの空間作りが可能です。 様々な空間表現が可能ではあるものの、やはり夏のイルミネーションの定番色といえば青色になるのではないでしょうか?実は、青色には幾つかの心理効果が期待できます。赤色と青色を想像してみてください。赤色は暑い・暖かいなど温度が高い色であると感じるのではないでしょうか。対して青色は寒い・冷たいなど温度が低い色であると感じませんか?寒色は暖色よりも心理温度が−3℃にもなると言われており、暑い夜が続く夏にオススメの色になります。また、青色は人の副交感神経に作用して心を落ち着かせる鎮静効果があり、人を冷静にさせると言われています。このことから防犯効果も期待できると言われておりますので、空間作りに活かしていただければと思います。 街や施設に賑わいを持たせ、見る人を楽しませるサマーイルミネーションのご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。

サマーイルミ-03

印刷用PDF

ダウンロード

サマーイルミネーションの企画〜施工までご提案いたします

サマーイルミ-04

施工の流れ1〜デザインご提案前に現調を行い、周辺環境や設置箇所の確認をさせていただきます。デザインご決定後、部材や人員の手配を行い、設営準備を完了させます。

サマーイルミ-05

施工の流れ2〜設営準備が完了したら、スケジュールに合わせ作業に取り組みます。イルミネーションは点灯させて作業を進行します。全体のバランスを確認しながら取り付けていき、取付後点灯確認を行います。

サマーイルミ-06

施工の流れ3〜イルミネーション点灯期間は目視点検や漏電値計測点検を行っていきます。漏電ブレーカーが作動しイルミネーションが消えてしまうことがないよう漏電値の計測を行います。点灯期間終了後、撤去作業を行い、現状復帰後、作業終了となります。

サマーイルミネーションをご提案する理由り

  • 光の演出による購買意欲促進
  • 施設の雰囲気の変化による賑わい感の演出
  • SNSでの拡散による認知度の上昇

ご依頼から納品までの流れ

納品までの流れ

企画から入稿までワンストップだからハイクオリティ&ローコストでできる!

メールマガジン

事例をもとにしたノウハウやお役立ち情報をお届けいたします。また、会員様限定の各種資料のダウンロードをご利用いただけます。

メールマガジンを申し込む

お問い合せ

電話によるお問い合せ

03-3542-6451

メールからのお問い合せ

関連記事