COLUMN

千本引きでお客様の目を引く

三角くじやスピードくじ、スクラッチ、ガラポン、タッチパネルを使ったものなど様々な種類のくじ引きが存在しますが、それらの中でも抜群の存在感を示す千本引き。くじ引きの本体が目立つため、イベントの賑わい感の演出にはまさにうってつけです。盛り上がるイベントにする為にインパクトある千本引きを実施してみませんか。

千本引き

立体化した文字で特別な看板に

文字やロゴなどを立体的に見せることでメリハリのある看板にしてみませんか?
立体的になった文字やロゴはそれだけでも十分目立ちますが、素材の質感や光の表現を加えることで他の看板とより差別化することができます。
お店の顔でもある看板をより特別な仕様にしてみませんか?

チャンネル文字

お手軽なのに優秀なA型看板

街でもよく見かけるA型看板。
「多くの人の目に留めるので来店が増える。売上が増える。」と言われているツールの一つです。軽くてお手軽に制作することが可能なので、小さな店舗などにも適しています。また簡単に差し替えることも可能なフレームタイプもあるので、とても便利な看板です。

A看板

スクラッチでその日の運勢が占える?!

スクラッチカードは低コストでメリットも多く、お客様にとっての削るというアクションが楽しく、運試しとしても人気の高いイベントツールです。
「あたり」「はずれ」の文字をみると、何だかその日一日の運勢も占っているよう。
あなたもスクラッチキャンペーンで運試しをしてみませんか?

企業と学生に刺激を与える交流を

プロモーション効果が高く、双方にメリットもある企業と学生のコラボレーション。商品開発やIT業界などで注目を集めていますが、販促や装飾など様々な業態でもコラボによる話題性や、企業側の新しい発見など様々なメリットを期待することができます。企業と学生の交流で両者により良い刺激を与えてみませんか。

学生コラボ

結果につながる!手軽な販促イベント

回遊性向上にぴったりの販促イベントをご紹介します。
各店舗をご利用いただくためにスタンプラリーキャンペーンを開催してみませんか?1店舗複数回ご利用で特典、複数店舗ご利用でさらに特別な特典をつけることでお客様のご来店数を確実に増やすことができます。
スタンプ台紙にスタンプを押すだけなので開催しやすいイベントではないでしょうか。

不特定多数の大勢の人にアピール

イベントや催事などを沢山の人へアピールしたいけど…と思っていませんか?
懸垂幕や横断幕などの大きな幕は掲出場所に関わらず目立つ上に、看板などに比べ取り替えが簡易なので、不特定多数の大勢の人に旬な情報をアピールするにはうってつけのアイテムです。

幕

親しみのある施設を目指す

皆さんは、敬老の日や母の日、父の日にスーパーマーケットに飾られている似顔絵やぬり絵を見て、どう感じるでしょうか?親しみを感じませんか?
選ばれる施設になる為には、ショップの種類や価格帯など様々あると思いますが、親しみや愛着が大きく影響するとメディックは考えます。
親しみを感じる施設になる為に、地域の皆さんを巻き込んだコンテストをしませんか?

コンテスト

伝わりつながるチラシをデザイン

商品の展開や、イベントの案内など、様々な場面でチラシが活用されています。そのような数多くあるチラシの中でも、より効果的に収益につながるためのチラシを作るためには、そのデザインがとても重要となります。商品が売れるためのチラシをデザインするためには、人の目につきやすく、内容を読みたくなるようなデザインにすることが大切です。

サービスの溢れる時代で埋もれないために

多くの人がノベルティグッズを、貰ったことがあるのではないでしょうか。
ノベルティグッズを街中で配っていることは、珍しいことではなくなってきました。その一方で、新規顧客を獲得し続けることが、なかなか難しい現代へ。
ブランディングツールとして、最も効果的なデザイン、トレンドを取り入れたデザイン、何が時代に合っているのか。を考えることがポイントではないでしょうか。

購入意欲が最も高まるセールイベント

お客様にとって、一番購入意欲が高まるSALE!
セールの時期はついついお財布の紐が緩んでしまいますよね。いつもはちょっと高いのでなかなか買えないお店も、足を運びやすくなり、その店舗を知ってもらえるキッカケとなります。また店舗側もいろいろなツールでPRするのが多く見られるイベントでもあります。

sale床貼り

母の日装飾では花言葉に注意

母の日に贈るカーネーション。
せっかくの装飾だから、色々な色で飾ったら綺麗かも!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、花には花言葉があるので、見た目が良いからといって取り入れるのは少し注意が必要です…!

母の日イメージ

バレンタインの形が変わりつつある…?

最近では若者の恋愛離れが多くなってきたことから、女性から男性へとチョコレートを贈ることが減少しているようです。代わりに働く女性が、自分へのご褒美として買うことが増えてきました。
また近年ではバレンタイン市場がハロウィンに抜かれるなんてこともありました。
そこで重要となってくるのが売場の装飾だと考えます。

バレンタイン