COLUMN

集客・販促イベントの定番

購入金額に応じて参加できる抽選会は最もベーシックな集客・販促イベントといえるのではないでしょうか。
抽選前のワクワク感、当たった時の喜び、外れた時…は再チャレンジしていただいて、とにかく、老若男女問わずお楽しみいただけますので幅広い客層の獲得が期待できます。

多様化する応募キャンペーン

SNSの普及に合わせてHPからのWEB応募だけでなく、SNSによる応募キャンペーンも定番になりつつあります。従来から行われているハガキ応募はもちろん、SNSと連動した応募キャンペーンも積極的に行っていきたいですね。とはいえ目的や企画の意図に応じて適切なルールを設けることは必要不可欠です。流行だけを追うのではなく、なぜそのメディア・ツールなのか掘り下げて考える必要があります。

応募キャンペーン

お客様を運ぶインフォメーションボード

エレベーターを待つ時間の方の30秒を販促で有効活用しませんか?
エレベーターシートは、季節感を出せば催事の賑やかしを演出したり、セール告知にしようすれば、お客様への宣伝となり、施設からお客様への伝言板になったりと、販促活動のツールとして有効に活用いただけます。

エレベーターシート01

エスカレーターは広告スペースとして最適?!

エスカレーターとは、高低差のある場所への移動を行うための装置です。
昇降中なにげに目にする足元は、広告スペースとしてうってつけの場所。
基本的にエスカレーターを利用中は、なにもすることがなく、目線は前か下を見ている事が多いと思います。
そんなエスカレーターのデットスペースを、広告媒体として利用してみませんか?

エスカレーター

集客につながるチラシをデザイン

新聞折込やポスティング、店頭配布など、様々な場面で活用されています。
スーパーやパチンコ、不動産等数多くあるチラシの中でも、より効果的に集客につながるためのチラシを作るためには、そのデザインがとても重要となります。
より多くの集客のためのチラシをデザインするためには、人の目につきやすく、内容を読みたくなるようなデザインにすることが大切です。

ガソリンスタンド

伝わりつながるチラシをデザイン

商品の展開や、イベントの案内など、様々な場面でチラシが活用されています。そのような数多くあるチラシの中でも、より効果的に収益につながるためのチラシを作るためには、そのデザインがとても重要となります。商品が売れるためのチラシをデザインするためには、人の目につきやすく、内容を読みたくなるようなデザインにすることが大切です。

サービスの溢れる時代で埋もれないために

多くの人がノベルティグッズを、貰ったことがあるのではないでしょうか。
ノベルティグッズを街中で配っていることは、珍しいことではなくなってきました。その一方で、新規顧客を獲得し続けることが、なかなか難しい現代へ。
ブランディングツールとして、最も効果的なデザイン、トレンドを取り入れたデザイン、何が時代に合っているのか。を考えることがポイントではないでしょうか。

季節装飾には欠かせないクリスマス

クリスマスは1年を通して、商業施設としては外せないイベントだと考えます。
イルミネーションでキラキラと輝かせたり、グラフィックでクリスマスの訪れを知らせたり、子どもからおばあちゃんまで、大切な人と過ごすクリスマスに素敵な装飾をしませんか。

クリスマス柱巻き

1つのアイテムで365日販促が出来る

毎日人が使うもの、毎日人が目にするものとはなんでしょうか。
頭に何が浮かびましたか?
毎日愛用されるアイテムを使って、365日、そしてその先もお客様にアピールしましょう。

カレンダー

購入意欲が最も高まるセールイベント

お客様にとって、一番購入意欲が高まるSALE!
セールの時期はついついお財布の紐が緩んでしまいますよね。いつもはちょっと高いのでなかなか買えないお店も、足を運びやすくなり、その店舗を知ってもらえるキッカケとなります。また店舗側もいろいろなツールでPRするのが多く見られるイベントでもあります。

sale床貼り

お客様のストレスフリーを提供するサイン

サイン看板や塔屋看板は単に店舗の場所を知らせるだけでなく、お客様がストレスなく快適に施設へ来店してもらい、店内でも快適に過ごしていただく為に必要なツールだと言えます。
お客様目線に立って、必要な情報を表現しましょう。

冬の風物詩。その瞬間を一生の輝きに。

空間全体を彩るその瞬間、幻想的な世界に生まれ変わることが出来る点灯式。
ツリーやキラキラ光るイルミネーションを、大切な人と同じ時間を過ごせることはとても幸せなことだと思います。
同じ時間、その瞬間に、感動を分け合えるステキなイベントは、まさに冬の風物詩なのではないでしょうか。

イルミネーション

世界初の“柱巻き広告”

1989年5月、そろそろ暑くなってきたある夕方、上野駅に入って行く。
広告代理店勤務のA氏の目に入ってきたのは、ホームに連立する丸柱だった。
その瞬間、それがビールをなみなみと注いだグラスに見えた。「これだ!」
東京駅の柱がリアルなサントリー缶ビールに描かかれた広告が始まりでした。
この広告料は一日柱1本10万円でしたが、単なる駅の柱がお金に化けたのでした。

柱巻きシート

のぼり旗は気軽に差し替えられる看板

のぼり旗は、道行く人たちへの広告・宣伝にオススメなツールです。
近くの道を歩いている人、ドライブをしている人など、遠目からも視認性のあるのぼりは、看板と違い設営・撤去が気軽に出来るので、宣伝したい時に宣伝したいことが店頭で掲示することができます。

空きスペースを仮囲いシートで有効活用

店舗や建物の改装のために建てた仮囲い、オープンまで何もしないのは勿体ないとメディックは考えます。新店舗のお知らせを掲載すればオープンへの期待が高まります。季節のイメージで飾り付ければ装飾へと変化します。フロア案内を掲載すれば回遊へと繋がります。施設の勿体ないを有効活用しませんか。

屋内に春爛漫をお届けします

駅構内の広い空間に一本の大きな桜の木。
屋内にも春をいっぱいにお届けすることが出来る、この桜装飾。
この大きな桜の木は誰もが圧倒されます。そして夜にはライトアップして、また違う雰囲気に。日本ならではの四季折々を表現してみるのも、とても良いものだなぁと毎年思うのです。

桜装飾

一年の計は元旦にあり

その年を気持ち良く過ごす為にも一年のスタートというのは一番大切な日かもしれません。
門松やしめ縄と言った正月飾りはもちろん、お正月ならではのエントランス装飾や新年らしいイベントでその年のスタートをより良いものにしてみませんか。

New Year

母の日装飾では花言葉に注意

母の日に贈るカーネーション。
せっかくの装飾だから、色々な色で飾ったら綺麗かも!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、花には花言葉があるので、見た目が良いからといって取り入れるのは少し注意が必要です…!

母の日イメージ

バレンタインの形が変わりつつある…?

最近では若者の恋愛離れが多くなってきたことから、女性から男性へとチョコレートを贈ることが減少しているようです。代わりに働く女性が、自分へのご褒美として買うことが増えてきました。
また近年ではバレンタイン市場がハロウィンに抜かれるなんてこともありました。
そこで重要となってくるのが売場の装飾だと考えます。

バレンタイン

毎年同じイルミネーションで飽きてませんか?

イルミネーションを購入したが、毎年同じイルミネーションを使い、代わり映えしない光景に物足りなかったり、飽きたりしていませんか?
レンタルイルミネーションなら、使っていない時期も倉庫にLEDを抱えず、毎年違う色のイルミネーションを行なうことが可能です。