SERVICE

カタログとパンフレットの違いとは?

カタログについてのコラムを書こうと思い立ったとき、ふとこれはカタログなの?という疑問が浮かびました。
皆さんはカタログとパンフレットの違いをご存知でしょうか?

カタログ-01

BLACK FRIDAYとは…?

ブラックフライデーとは、アメリカで11月の第四金曜日(米国の感謝祭)に行なわれる年に一度の大セールのことです。デパートやスーパー、家電量販店などが、こぞって大幅割引し、老いも若きもみんな買い物にいく、一種の“お祭り”みたいなもの。寒空の下、徹夜して開店を待つ人もいるそうですよ。
例えるならブラックフライデーは日本のお正月商戦と近いそうです。

ブラックフライデー01

即効性を求めるならダイレクト・ハンド

チラシなどの告知の際、ダイレクト・ハンドという選択肢も候補に入れてみてはいかがでしょうか。スポットを絞り込むだけでなくお渡しするターゲットも絞り込むことができ、店舗告知の場合は直接来店を促すことができるため、すぐに結果に表れやすいと言えます。
そのまま足を運んでもらいやすいダイレクト・ハンドは弊社でもオススメの手法です。チラシ作成だけでなくダイレクト・ハンドも弊社にお任せ下さい!

ダイレクトハンド-01

広告や看板として活躍する塔屋看板

屋外広告塔とも呼ばれる塔屋看板。施設名やブランドロゴの周囲へのアピールや広告媒体としてなど様々な活躍を期待することが出来ます。郊外や都市部など場所に合わせた情報の掲出の仕方で、より効果的な看板の製作・活用をしてみては如何でしょう。

屋外看板01

一緒に成長する喜びを感じるイベント

小学生の時に植えた朝顔を覚えていますか?
大変な思いもしたと思いますが、朝顔に何だか愛着が湧いていませんでしたか?
今回は、そんな小学生の頃の思い出と少し近いイベントのお話です。

植樹01

お客様の足を止めるディスプレイ装飾

休暇や時間ができた時、ウィンドウショッピングをすることはありませんか?印象的なデザインのショーウィンドウや素敵な商品が並ぶディスプレイを見て、思わず店舗に入ってしまうことがあります。実は、弊社ではブランド訴求よりも、商品のPRやイベント訴求としてのショーウィンドウ装飾やVMDを多く手がけております。そんな弊社ならではの視点から魅力的なショーウィンドウ装飾について少し掘り下げてお話させていただきます。

VMD-01

AR(拡張現実)を活用した販促

ARはスマホのゲームアプリをはじめ、イベントや販売促進、産業分野などさまざまな分野で取り入れられている注目の技術です。
現実世界にCGなどの現実にはないものを加えることで足りないものや補足したいものを補うことができます。
そんなARを使用したコンテンツを一部ご紹介いたします。

AR01

運を掴むのは自分自身!

イベントには持ってこいの、三角くじ!デジタルのくじが最近増えてきましたが、私はやっぱり昔ながらのアナログくじが好きです。
自分で運を掴める気がしませんか?わかりやすい手段でもあるので、小さなお子様からお年寄りまで、幅広い年齢層の方に楽しんで頂けます。

三角くじ01

折込チラシが効果的な理由

折込広告は、店舗周辺に紙という手元に残るものを届ける手段として、店舗集客に効果があり、もっとも活用されています。
しかし、ただやみくもにチラシを折り込んでも、無駄な場合があります。
呼び込みたいターゲット層が多く住む地域や集客したい日にちを選択するなど作戦が必要です。

flyer01

施設からお客様への贈り物

日頃たくさんご利用を頂いているお客様に感謝の気持ちをこめて。
メインイベントを盛り上げる為のサブイベントとして。
シンプルなイベントのため汎用性が高いプレゼントキャンペーン。
「貰って嬉しいもの」をプレゼントすることも大切ですが「渡して意味のあるもの」をプレゼントしてキャンペーンをより効果的に活用してみませんか。

プレゼント

千本引きでお客様の目を引く

三角くじやスピードくじ、スクラッチ、ガラポン、タッチパネルを使ったものなど様々な種類のくじ引きが存在しますが、それらの中でも抜群の存在感を示す千本引き。くじ引きの本体が目立つため、イベントの賑わい感の演出にはまさにうってつけです。盛り上がるイベントにする為にインパクトある千本引きを実施してみませんか。

千本引き

顔ハメ看板って思わずやってしまいませんか?

顔ハメ看板は、観光地などで見られる記念写真用の看板です。
観光地や街で見かけると思わずハメたくなってしまいます。
施設のキャラクターやクリスマス時期にはサンタクロースなど、好きな顔ハメ看板を設置すれば施設の名物になること間違えナシです。
メディックには、そんな顔ハメ看板にまつわるお話があります。

顔出しパネル

満開の桜装飾をお届けします

駅構内の広い空間に一本の大きな桜の木。
屋内にも春をいっぱいにお届けすることが出来る、この桜装飾。
この大きな桜の木は誰もが圧倒されます。そして夜にはライトアップして、また違う雰囲気に。日本ならではの四季折々を表現してみるのも、とても良いものだなぁと毎年思うのです。

桜装飾

季節装飾には欠かせないクリスマス

クリスマスは1年を通して、商業施設としては外せないイベントだと考えます。
イルミネーションでキラキラと輝かせたり、グラフィックでクリスマスの訪れを知らせたり、子どもからおばあちゃんまで、大切な人と過ごすクリスマスに素敵な装飾をしませんか。

クリスマス柱巻き

冬の風物詩。その瞬間を一生の輝きに。

空間全体を彩るその瞬間、幻想的な世界に生まれ変わることが出来る点灯式。
ツリーやキラキラ光るイルミネーションを、大切な人と同じ時間を過ごせることはとても幸せなことだと思います。
同じ時間、その瞬間に、感動を分け合えるステキなイベントは、まさに冬の風物詩なのではないでしょうか。

イルミネーション

特別な演出にオリジナルオーナメント

クリスマスの定番、クリスマスツリーはさまざまなオーナメントをつけることで、より華やかに、より美しく、見る人々に感動をもたらすことができる仕上がりとなります。そんなオーナメントをオリジナルで作ることができるのはご存知でしょうか?オリジナルでオーナメントを作成すればクリスマスツリーだけでなく、時節に関わらず四季折々の季節装飾にも役立てることが可能です。特別感を演出したい時にオススメのオリジナルオーナメントをご紹介いたします。

オーナメント

街と施設を繋げるハロウィン

ハロウィンは近年個人だけではなく、地域のイベントとして多く行われています。
例えば池袋のハロウィンコスプレフェスや六本木ヒルズのパレード、国内最大級のカワサキ ハロウィンなどは、街と施設の連動でイベントを行っています。
街と施設とそして人を繋げるハロウィンイベントは、温かみを感じる素敵なイベントだと思います。

ハロウィンイベント

ますます加速するハロウィンブーム

近年ではハロウィンというイベントが、すっかりと定着し、クリスマスと並ぶ盛り上がりを見せるものとなりました。また同時に、現代ではSNSで発信することで情報を得る時代へと変化しつつあります。
その流れに乗っかり、最近では商業施設でも『SNS映え』を意識した装飾を求める声が多くなって来ています。

ハロウィン装飾

季節装飾はエントランスから

施設や店舗のエントランスに施すガラス面装飾は、ご来店いただいたお客様の目に一番最初に入る場所です。
ご来店いただいたお客様に季節を感じて貰い、季節商材の購買意欲を高めるにはうってつけのツールだと言えます。

エントランス01

立体化した文字で特別な看板に

文字やロゴなどを立体的に見せることでメリハリのある看板にしてみませんか?
立体的になった文字やロゴはそれだけでも十分目立ちますが、素材の質感や光の表現を加えることで他の看板とより差別化することができます。
お店の顔でもある看板をより特別な仕様にしてみませんか?

チャンネル文字